bigsmaileのblog

芸能ニュース・爆サイ・画像まとめ、面白いと思ったスレなどを色々とまとめています。

    カテゴリ: 日常


    麻原彰晃こと松本智津夫。地下鉄サリン事件などを引き起こしたオウム真理教を率いた彼は、今年7月6日に東京拘置所で死刑を執行され、63年の生涯を閉じた。この未曽有のテロを起こした麻原は当時40歳になったばかり。師に従って死刑判決を受けた弟子たちも、多くが30代。教団発足から11年での破滅劇だった。彼らは日本に何を残したのか。オウムと対峙し続けてきた、勇気ある識者たちに聞いた。

    ◆“真相は闇の中”マスコミが喧伝する空気は当時と酷似する

     麻原彰晃らの死刑が執行される1か月ほど前の6月4日、「オウム事件真相究明の会」が設立された。名を連ねるのはジャーナリストの田原総一朗氏、テレビドキュメンタリー・ディレクターの森達也氏、社会学者の宮台真司氏らだ。

     7月6日の麻原の死刑執行後は、同会を筆頭にマスコミや一部世論からは「今回の死刑でオウム事件の動機を含めた真相、全貌が解明されることはなくなった」「麻原には訴訟能力がなく、精神鑑定もなされないまま死刑が執行された」というように一審の判決に懐疑的な意見も多く見られる。

     こうした主張に対し、’89年の坂本堤弁護士一家殺害事件の頃から長きにわたってオウム真理教の取材を続け、’94年には教団から命を狙われたジャーナリストの江川紹子氏は真っ向から反論する。

    「こういった報道をマスコミがする理由は“裁判の経緯を調べるのは大変だけど『真相は闇の中』とでも言っておけば楽”だからでしょうか? 同会で反権力路線で頑張ってこられた方々は、オウム真理教も同じく反権力ですから、何かシンパシーを感じているのではないでしょうか。刑事事件としての真相は裁判でほぼ解明されていますし、相当の時間と経費も費やしてきました」

    ◆計257回の公判と4.5億円超の裁判費用

     一審では、初公判から判決まで7年10か月をかけ、257回の公判が開かれた。しかも麻原には、特別に12人もの国選弁護人がつけられ、その弁護費用は4億5200万円にも上った。

    「同会は、控訴審で公判が開かれずに一審での死刑判決が確定したのはおかしい、と主張していますが、これは麻原の弁護人の戦略ミスで提出すべき控訴趣意書を提出しなかったためです」

    「治療によって麻原に真実を語らせるべきだった」とする意見に対しても、江川氏はこう反論する。

    「裁判所も拘禁反応が全くないとは言っていませんが、MRIや頭部CTなど器質的な検査も含めた精神鑑定も行い、彼自身や他の法廷での言動を細かく分析して、訴訟能力はあると判断したのです。麻原は自身の裁判では(意図的に)支離滅裂な発言を繰り返してきましたが、元部下の裁判では自分に都合の良い主張ばかりを雄弁に語っていました。とても訴訟能力がないとは思えず、仮に治療したからといって真実を語るとも思えません。同会は明らかに事実を軽視しています」

     事実を正しく伝えていなかったのは、一部文化人に限らずマスコミも同じである。

     ’93年ころまで、SPA!をはじめメディアの多くがオウム真理教を好意的に報道しており、江川氏は「とても苦々しい思いだった」と振り返る。その最たる例が『朝まで生テレビ!』(’91年放送、テレビ朝日系)での、「幸福の科学vsオウム真理教」と銘打った回だ。

    「幸福の科学は教祖不在、オウム真理教は麻原を含め幹部がズラリと出席。万全の態勢で臨み、放送で麻原の弁舌を見た人の中にはオウム真理教に入信してしまった者もいます。坂本さんの事件のときは、事件現場にオウム真理教のバッジが落ちていたことを受け、当時教団の広報担当だった上祐史浩はマスコミに対し、『教団のバッジをつけて殺害に行くなんて常識的にありえない』と詭弁を披露。結果、多くの人がその言葉に騙されました。そして最近の“真相は闇の中”報道でも世論に正しく情報が伝わっているとは思えません」

    【江川紹子】
    オウム真理教の取材の功績が評価され、’95年に「菊池寛賞」を受賞。麻原の四女の未成年後見人を務めたことも。著書に『オウム事件はなぜ起きたか』(新風舎文庫)など多数

    写真/時事通信社
    ― オウム真理教とは何だったのか? ―

    ’89年、当時31歳の江川氏は信者の母親から「息子を脱会させてほしい」と相談を受け坂本弁護士を紹介。直後、坂本一家は殺害された


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【オウム麻原の死刑執行に反対する人々に江川紹子氏が反論「今さら“真相究明”はおかしい」】の続きを読む


    タレントの丸高愛実が、14日に放送されるカンテレのバラエティ番組『やすとも・友近のキメツケ! ※あくまで個人の感想です』(毎週火曜19:57~ ※関西ローカル)に出演し、プールでの体験談を語る。

    女性が言いがちな思い込み"キメツケ!"で、MCの海原やすよ ともこ、友近と女性ゲストたちが好き勝手にしゃべっていくトークバラエティの同番組。「お盆のアレいらん!」というテーマで、橋本マナミは「プールに人が多すぎる!」「ドブみたいになってて!」と訴える。

    それを受け、サッカーの柿谷曜一朗選手と結婚し、現在第1子妊娠中の丸高が「人が多いプールは痴漢も多い」と忠告。痴漢まがいの変わった人から実際にこうむったという“ギュウギュウプールでされたこと”を打ち明ける。

    ゲストは他にも、雛形あきこ、ロバートの秋山竜次が出演する。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【丸高愛実「人が多いプールは痴漢も多い」エピソードを告白】の続きを読む


     眠っている間にパソコンから出火して火事に……注意を呼びかけるツイートが注目を集めています。

    【その他の画像】別の角度からの写真

     投稿者によると、煙感知器が鳴って目が冷めたところ、電源オフの状態だったデスクトップPCから火が出ていたとのこと。初期消火に成功し、大事には至らなかったそうです。投稿者にケガはなく、煙を吸ったため検査入院したものの問題はなかったと報告しています。

     ツイートには燃えたパソコンの写真も添えられており、歪んで焦げた筐体と「一歩間違えたら死んでおりました」という投稿者の言葉から、対応が遅れていたらどうなっていたのかを想像してゾッとしてしまいます。

     「古めのPCには気を付けて」と投稿者は注意を呼びかけ。パソコンは7年前に組んだもので、電源とマザーボードは約3年前に交換しているのだそうです。「光学ドライブ付近の電源ケーブルが怪しい」「埃が一因になったのは間違いないと思う」とも投稿者は述べています。

     パソコンの内部にホコリがたまると故障や出火の原因となることもあります。ドスパラ、NEC、DellなどメーカーのWebサイトを参考にお手入れをするとよいでしょう。

    (画像提供:投稿者)

    燃えたパソコン


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【寝ている間にあわや大惨事 燃えたパソコンの姿に肝が冷える】の続きを読む


    混雑した電車内で、乗客が連れていた飼い犬が粗相をしたとなればとんだ大迷惑である。このほど英デヴォン州からロンドンへ向かう電車の車両通路で、犬が排泄してしまうアクシデントが起こった。これに乗客の一人が、鉄道職員らは適切な対応を見せなかったとしてメディアに怒りを露わにした。『Metro』『Mirror』などが伝えている。

    8月5日、デヴォン州からロンドンへ向かっていたグレート・ウェスタン鉄道(GWR)の車内で、とんでもないアクシデントが起こった。ある乗客の飼い犬が通路の真ん中に糞をしたのだが、最悪なことに下痢だった。

    車内は満員で、近くに座っていた乗客らはその悪臭に吐き気を催した。飼い主は平謝りをしていたが、肝心の犬は自覚しているのか、少し離れた場所に隠れてそっと様子を見ていたという。同じ車両に座っていた子連れの男性が、粗相の場所にティッシュを置いたが状況は改善せず、飼い主の男性は乗客らに「踏まないで」と注意をし続けていたようだ。現場を目撃した乗客のフローレンス・ビースリーさん(23歳)はこの日、デヴォンのニュートン・アボットからロンドンへ戻る途中だった。36.15ポンド(約5,100円)の運賃を払ったにもかかわらず、このような状況でGWR職員らがなんの対応もしなかったことに対してGWRに苦情を伝え、撮影した現場写真をFacebookに投稿し、更にはメディアでも不満を口にした。

    「出発して20分もしないうちに犬が粗相をしてしまったんです。電車は満員で、周りに職員も見当たりませんでした。75分後にブリストルに着いたんですが、掃除するスタッフがいないとかで糞はそのままになっていたんです。家族連れの父親が置いたティッシュの上に、職員から手渡された数枚の紙を置いてカバーするしかなかったのですが臭いが強烈で、窓を開けると下痢の付いた紙が風で飛んでしまうんです。だからその上に雑誌を重ねて飛ばないようにして。こんな状況で4時間ほどの旅を強いた鉄道職員に怒りを感じます。」

    「私自身は農場で育ったので、犬に囲まれていたし慣れています。ですがこんな限られたスペースで同じ場所にいなければならないのは、さすがに無理があります。満員だったのでどの席も空いていなかったんです。飼い主の男性を気の毒に思いました。もし鉄道職員が彼に掃除用品などを渡していれば、彼は清掃したはずです。でも助ける気が一切ないように見られました。飼い主の男性は本当に申し訳なく思っていたようで、私は『そんなに気にしないで』と声をかけました。この粗相が人間のものだったらきっと鉄道職員も対応したことでしょう。犬だって赤ちゃんだって同じなのに。」

    なお、GWRのスポークスマンは「この件について、迷惑をかけた乗客には既に謝罪済みだ。事態に気付いて、車内にいた職員はすぐに乗客を離れた席に案内したようだ。掃除がなされるまで可能な限りの努力をした」と述べている。

    このニュースを知った人からは「やっぱり車内へは、きちんと訓練された盲導犬のような犬以外は連れ込むべきではないと思う」「でも、下痢だからきっと犬も『ここでしよう』と思ったんじゃなくて、仕方がなかったんだろうね。かわいそうに」「鉄道職員の対応がなってないように思える。もっと迅速に対処すべき」「ただ鉄道職員が片付けるのを待っているだけじゃなくて、乗客同士で片付けられる方法はなかったのかな」「隠れてそっと見ている犬も、きっと悪いことしたと思っているんだろうね」「飼い主もこれは気の毒だ」といった声があがっている。

    画像は『Metro 2018年8月9日付「Dog does massive poo in middle of train leaving passengers gagging for four hours」(Picture: Deadline News)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【電車内で犬が排泄 掃除をしない鉄道職員に乗客が怒り(英)】の続きを読む


     520人が犠牲になった日航ジャンボ機墜落事故は12日、発生から33年を迎えた。群馬県上野村の墜落現場「御巣鷹の尾根」には、早朝から遺族らが慰霊登山に訪れ、空の安全を祈念。夕刻には追悼施設「慰霊の園」で追悼慰霊式などが営まれた。

     日航によると、慰霊登山した遺族は82家族272人。故人に思いをはせながら土を踏みしめ、犠牲者の発見場所に建つそれぞれの墓標を目指した。

     兵庫県宝塚市の奥田美香さん(48)は、亡くなった宝塚歌劇団の吉田由美子さん=当時(24)=にあこがれ、事故後に入団。「女神のような人だった」と今も慕っている。

     奥田さんは「もし自分の子どもが『行ってきます』と言ったまま帰ってこなかったら。事故のことは伝え続けないと」と涙ながらに語った。

     高校時代の親友=同(20)=が亡くなったという神戸市の田中進介さん(52)は初めて慰霊に訪れ、「長い間待たせたな」と涙を浮かべた。親友は就職活動で上京し、帰宅途中に事故に遭ったという。事故の数日前に「帰ったら遊ぼう」と約束して別れたのが最後だった。

     田中さん自身も大病を患い、これまで登山ができなかった。リハビリを終え、「ようやく約束を果たせてよかった」と33年ぶりの再会を喜んだ。

     慰霊式には遺族や関係者229人が参列。発生時刻の午後6時56分、ろうそくにともされた520の明かりに向かい、黙とうをささげた。

     日航の赤坂祐二社長も尾根を訪れ、慰霊碑「昇魂之碑」に献花した。 

    〔写真説明〕ろうそく供養を終え、犠牲者の碑銘にそっと手を触れる高齢の男女=12日夜、群馬県上野村

    〔写真説明〕日航機墜落事故の犠牲者の碑銘の前で涙を流し、立ち上がれなくなる女性=12日午後、群馬県上野村

    ろうそく供養を終え、犠牲者の碑銘にそっと手を触れる高齢の男女=12日夜、群馬県上野村


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【御巣鷹に祈る空の安全=520人悼み慰霊式-日航機墜落33年・群馬】の続きを読む

    このページのトップヘ