北海道発のバラエティー番組『水曜どうでしょう』で知られる名物ディレクター、藤村忠寿ディレクターと嬉野雅道ディレクターが12日、都内で行われた映画『焼肉ドラゴン』(22日公開)のトークショーに出席。同作に出演し、2人と関係の深い大泉洋について「俳優としてはそんなに魅力的じゃなかった」などと好き勝手語り合った。

【動画】藤村忠寿氏、俳優・大泉洋は「魅力的じゃなかった」

 2人が演出、プロデューサーとして携わった北海道放送開局40周年記念ドラマ『歓喜の歌』の脚本を担当したのが、同作でメガホンをとった鄭義信監督。同ドラマは大泉が主演を務めている。

 舞台出演のためヒゲを剃り、さっぱりした姿で登場した藤村Dは、『水曜どうでしょう』に大泉をキャスティングした当時を振り返り、「最初旅に出たとき完璧にはまっていたので、これ面白いと。2、3ヶ月くらいで日本一面白いって思っていましたからね。バラエティータレントになっていたらもっと早く(世に)出ていた」と才能を評価。「俳優としては、演劇見ていてもそんなに魅力的じゃなかった。タレントとしてしか見ていなかったので。でも、最近は僕も何を思ったのか4年前くらいから俳優始めちゃって、それ以来大泉さんには学ぶところ多い。大俳優ですよ」と背筋を正した。

 嬉野Dは、俳優としての大泉について「まだ落ち着いて見られないところがある。演技がすばらしいっていうところに特化してはいけない」と複雑な心境を明かすと、藤村Dも「親戚の親父と(目線が)一緒ですよね。すごいな、こんなのに出てっていうのがトップにきちゃう」と同意し、「大泉洋って特異なポジションですよね。『水曜どうでしょう』のときでも、普通頑張るじゃないですか。あいつは頑張らない。どれだけサボって目立とうかっていうことしか考えていない。ポジショニングがうまい」と笑っていた。

 同映画は、『愛を乞うひと』などの脚本家として知られる鄭氏が、数々の演劇賞に輝いた自身の舞台を映画化。1970年代、関西の地方都市の一角で一家が営む焼肉店を舞台に、故郷を奪われた6人の家族が力強く生きる姿を描く。

“ヒゲ”なしで登場した藤村忠寿D (C)ORICON NewS inc.


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

誰だお前!ヒゲがヒゲをそったら誰だかわからんぞ。


髭を剃っただけでニコニュースに載る男、藤村忠寿


おいヒゲェ!お前ヒゲなかったらヒゲじゃねえじゃねえかヒゲェ!


水どうの大泉さんって、頑張ってるようにしか見えなかったがDの視点は厳しいなぁw


ヒゲがない藤村さんはクリ〇プが入っていないコーヒーのようなもの


ヒゲがヒゲ剃っちまったらなんて呼べばいいんだよ


ヒゲって今俳優やってんのかよwwwすずむしは確かに俳優というよりかはコメディアン的なイメージが強いなぁ。でも、真田丸の信之は凄い良かったです。


ヒゲを剃った程度どう(でも良い)でしょうw 剃っても放っておけば生えてくるのですから。佐村河内のように。


ヒゲ無くなったらゲンゴロウとしか呼べないじゃないか!


ヒゲがヒゲ剃っちまったらデブとしか言えねえじゃねえか!イヤもうデブじゃねえのか!てことは何とも呼べねえじゃねえか!


デブでヒゲ剃ったらダメなのかよ


俺の隣なんかデブでもヒゲでもねえ


だれだよこの・・・誰だお前!?


違和感あるなぁ


誰やん


デブとヒゲ要素を消してもまだ笑い声があるから大丈夫。どうせ画面に映らないしww


ヒゲがヒゲ剃ったらただのデブじゃないか!w


痩せちゃった上に髭なくなったら誰かわからねえだろ


あなたは日本のデブだけどもぉ


ヒゲでデブだったら通れないマレーシアの洞窟を通るためにヒゲを剃っただなんて・・・!(違