世界初!オス+メス合体したままのアンコウ 深海で発見 - ニュース総合掲示板|爆サイ.com関東版


NO.6242531 2018/03/31 10:20
世界初!オス+メス合体したままのアンコウ 深海で発見
世界初!オス+メス合体したままのアンコウ 深海で発見
北大西洋の深海を潜水艦で探査中のチームが、メスの体にオスが結合したままの状態で泳ぐチョウチンアンコウをとらえることに世界で初めて成功した。

蜘蛛の糸のような発光線を持つ不思議な姿をしている。

米科学振興協会が発行する科学誌『サイエンス』によると、チョウチンアンコウの「性的寄生」の撮影に成功したのは、深海探検家のヨアキム&カーステン・ヤコブセン夫妻。

ふたりは2016年8月、北大西洋中部に位置するポルトガル領アゾレス諸島周辺の水深800メートルの深海を探査中に、世にも珍しいチョウチンアンコウを発見。

潜水艦の1.4メートル幅の窓から25分間追跡した。

今回公開された動画でまず目を引くのは、アンコウの尾から千手観音の手のように広がる糸のような発光体。

ヤコブセン夫婦はビデオをワシントン大学で深海魚を専門とするセオドア・ピーチ名誉教授に送った。

アンコウは世界中に生息する深海魚で、ピーチ博士は、このうち70種類以上の新種を発見・命名してきた海洋生物の権威だが、動画を見て、思わず「Shocker!」と叫んだ。

「人生の大半を深海生物の研究に捧げてきましたが、こんなの見たことないですよ」アンコウのオスがメスの体に噛み付くことで、メスの肌や血管と結合し、メスの血液中の栄養分を受け取ることで生き延び、代わりに精子を提供する事実は知られてきたが、従来は「性的寄生」したオス・メスの死骸しか発見されてこなかったからだ。

しかし、博物館で見られる標本とは違って、ビデオのなかのチョウチンアンコウは16センチほどの体のメスに、小指くらいの小さなオスがへばりつきながら、深海をただよう姿がはっきりと映っている。

ピーチ博士によるとメスの体は、長さは最大60倍、重さにすると50万倍、オスを上回るというから驚きだ。
【日時】2018年03月31日 06:00
【提供】ハザードラボ