bigsmaileのblog

芸能ニュース・爆サイ・画像まとめ、面白いと思ったスレなどを色々とまとめています。

    2018年01月


    弘中綾香アナ人気上昇中! すました顔で毒づく姿に視聴者大興奮 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.6089488 2018/01/30 09:28
    弘中綾香アナ人気上昇中! すました顔で毒づく姿に視聴者大興奮
    弘中綾香アナ人気上昇中! すました顔で毒づく姿に視聴者大興奮
    テレビ朝日の弘中綾香アナウンサー(26)の男性人気がグングン上昇している。

    2013年入社の弘中は、慶應義塾女子高等学校出身で慶應義塾大学卒業という生粋のお嬢様。

    趣味はバイオリンで、アナウンサーになる前はプロの奏者を目指していたほど。

    女子アナといえば凛々しいイメージもあるが、正統派アイドルのような可愛らしいルックスで、"童顔アナ"として世の女子アナ好きからアツい視線を浴びる。

    天然キャラでも人気の彼女は当初からバラエティ畑を歩み、現在ではテレ朝が誇る音楽番組『ミュージックステーション』の9代目アシスタントを担当中。

    局をあげて行われた同番組の生放送SPも経験しており、キュートな顔立ちからは想像できない堂々とした進行ぶりにも定評がある。

    現在では、オードリーの若林正恭(39)がメインを務める『激レアさんを連れてきた。』に出演。

    この番組での姿が、男性人気上昇のきっかけになっているようだ。

    同番組は、マンガのような体験をした人を「激レアさん」としてスタジオに招き、その貴重なエピソードを紹介するというもの。

    弘中は白衣に身を包んだ研究員に扮し、激レアさんの体験談を紹介する役割を担っている。

    それだけなら、バラエティでよく見るアシスタントという感じだが、この番組の弘中はほかの女子アナとはひと味もふた味も違う。

    すました顔で皮肉たっぷりに激レア体験談を紹介するのだ。

    かなりキツい言葉を使うこともあり、ときには強烈な毒を吐く弘中。

    見た目とのギャップに驚かされる視聴者も多いが、そのドSっぷりが一部の男性視聴者に好評で、ネット上には「弘中アナにイジめられたい」「こんな可愛いコが女王様気質とかヤバイ(笑)」「一回でイイから飲みに行きたい」「弘中ちゃんが最高すぎる」といった絶賛コメントが寄せられている。

    共演者も若林もタジタジで、今月22日の回では防戦一方になる場面も。

    若林は女優の南沢奈央(27)との熱愛が報じられたが、それを弘中にイジられまくったのだ。

    開始早々、弘中は「人見知りだとか、『女の子苦手芸人』だとか言っちゃって。で、1月1日にあんなこと(若林の交際報道)がありまして」と若林の熱愛についてチクリ。

    続けて、「してやったりって感じなんですか」と厳しい表情でまくしたてた。

    これに対して若林は、「ザキヤマさんとかならわかるよ、この感じ。弘中ちゃん、この角度でくるの?」と苦笑い。

    弘中が「インタビュアーとしての使命を感じているので」と返すと、若林は「はいはい。(スタッフから)お願いされてるのね」と納得した。

    だが弘中は、「自発的にですけど」と打ち明け、若林を唖然とさせるのだった。

    ちなみに、若林は南沢との熱愛を「ゴリゴリに付き合ってる」とラジオで認めている。

    それだけ堂々と交際宣言しているため、弘中もイジっていいと考えたのかもしれない。

    『Mステ』で清楚な魅力を振りまきながら女子アナの仕事をまっとうし、『激レアさん』では芸人を生かすようにイジりまくる弘中。

    目下、男性人気急上昇中の彼女は、テレ朝を背負うアナウンサーに成長するのかもしれない。

    【日時】2018年01月30日
    【提供】メンズサイゾー








    #2 [匿名さん] :2018/01/30 09:29

    秋元同様 ヤリマンになるんだろ


    #4 [匿名さん] :2018/01/30 09:33

    >>2
    既にヤリまくっております!


    #14 [匿名さん] :2018/01/30 09:45

    タモリの愛人


    #15 [匿名さん] :2018/01/30 09:46

    >>14
    近江アナはよぉ〜







    ネット界のスター・ヒカキンVS熱湯界のスター・上島 夢の対決はヒカキンが大金星! - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.6087826 2018/01/29 15:36
    ネット界のスター・ヒカキンVS熱湯界のスター・上島 夢の対決はヒカキンが大金星!
    ネット界のスター・ヒカキンVS熱湯界のスター・上島 夢の対決はヒカキンが大金星!
    1月27日に放送された「モンスト1000万個オーブ山分け!土田withヒカキン軍団VSダチョウ倶楽部!」でネット界のスター・YouTuberヒカキンが、熱湯界のスター・ダチョウ倶楽部の上島竜兵と「熱湯...



    【日時】2018年01月29日 15:17
    【提供】AbemaTIMES













    バレンタインイベント「SWEET SWEET SWEET LIVE!!!」開催!AKB48 Team8ら出演 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.6087754 2018/01/29 14:57
    バレンタインイベント「SWEET SWEET SWEET LIVE!!!」開催!AKB48 Team8ら出演
    バレンタインイベント「SWEET SWEET SWEET LIVE!!!」開催!AKB48 Team8ら出演
    AKB48 Team89nine妄想キャリブレーションバレンタインデー直前の2月11日に東京・新宿文化センター大ホールにてニッポン放送 presents バレンタインスペシャル企画「SWEET SWE...



    【日時】2018年01月29日 14:46
    【提供】PONYCANYON NEWS








    #4 [匿名さん] :2018/01/29 15:26

    バレンタインジャンボ1等当てたいな


    #5 [匿名さん] :2018/01/29 15:36

    >>4
    チョコレート一年分だよ♪







    ●連載:女子高生、「はじめてのパソコン」を買う

    【その他の画像】

    スマホファースト世代の女子高生(JK)がパソコンの必要性に迫られたとき、彼女は何を基準に機種選択し、どう使うのか? ひょんなキッカケからノートパソコンを持ったJK(17歳)とその父の二人三脚を描く、デジタルライフドキュメンタリー。

    ===

     これまでに、パソコンは学校の授業くらいでしか触ったことがなかったという高校2年の娘。

     そんな娘に、とあるキッカケからパソコンを買ってやることになった――のはいいものの、WindowsもMacも知らず、NECも富士通もパナソニックも「……?」、ソニーに至っては「損保会社じゃないの? パソコンと関係あるの?」という“からっきし”な状態。

     これは先は長そうだぞ……というのが前回までのあらすじ。

    ・前回:ビル・ゲイツもジョブズも知らない女子高生、「はじめてのパソコン」を買う

    ●いわゆる「開封の儀」というやつ

     さて今回は、いよいよパソコンを買ってきた。娘が「どれでもいい! まかせる!」と言うので、父である私が考えた条件が以下である。

    ・OSはWindows(父がWindows派なので)

    ・メモリは最低でも8GB

    ・HDDではなくSSD(256GBほど)

    ・いずれ持ち運びするだろうから、本体重量は1.5kg以内

    ・メーカーはDELLかASUSかレノボかマウスコンピューターあたり

     結果、買ったのはASUSのノートパソコン(ZENBOOK BX310UA-FC833T)である。公式サイトでは8万9800円(税込)。もっと安いものでもいいとは思ったが、こういうものは最初が肝心だし、初めて使うマシンとしては必要十分以上のモノだろう。

     さっそく「開封の儀」とやらを行い、どことなく満足げな表情である。

    ●電源は入れられたけど、1ミリも前進できない娘氏

    父 どこに電源あるかわかる?

    娘 わかるよ、バカにするな。

    父 うむ、セットアップ画面が現れたな。

    娘 言語設定は日本語だとして、キーボード設定って?

    父 ここはそのまま、IMEでいいよ。

    娘 あいえむいーっと……。なんか長ったらしい「ライセンス契約」ってのが出てきたけど、これ全部読まなきゃいけないの?

    父 いや、読まずに同意でよろしい。

    娘 適当だな。

    父 次に「リージョン」です。

    娘 え? パソコンを使う理由とか、目的を入力しなきゃいけないの?

    父 ……それはリーズン(reason)だ。使用目的なんて聞いてこないよ……。

    娘 だよね、焦った……パソコンの分際でお前はなにを聞いてくるんだと。

    父 リージョン(region)は「地域」のことだ。

    娘 あ、じゃあ日本でいいのか……(ポチポチ)っと……。

    父 ほぼこれで完了なんだけど、ここまでの作業、1人でもできたと思う?

    娘 いや、絶対ムリ。わからない用語だらけでつまずくよ。

    父 リージョンとリーズンをごっちゃにしている時点でお察しだわ……次にWi-Fi接続な。自宅Wi-Fiのパスワードを入れて、完了……っと。

    娘 よしっ、これでネットにつながるんだね。じゃあ使わせて!

    父 いや、まだ作業が残っている。

    娘 えっ、なんの?

    ---

     そして、ここからが長かった……。

    ●Windowsの更新プログラムの存在を知る娘氏

    娘 なんか、「更新プログラム」って画面になったんだけど、これは?

    父 あぁ、初期設定時のアップデートが走っているんだね。

    娘 更新って、なんのこと? なにを更新してるの?

    父 わかりやすく説明すると、Windowsのマシンには WindowsのOS(10)が入っているのは教えたよね。

    娘 うん、こないだ聞いたやつね。パソコンを動かすために絶対必要な、土台となるプログラムだっけ。

    父 そう。そのOSって、ときどきマイクロソフト社が新しくしているんだよ。

    娘 なんでよ。

    父 セキュリティの穴をふさいだり、誤作動をしなくするようにしたり……常にOSは進化しているんだよ。で、その通知をマイクロソフト社がしてくれたら、ユーザーは都度更新用のプログラムを受けとって、自分のパソコンのOSを更新しなくちゃいけない、それがWindowsアップデート。

    娘 へー、それをすることで安心して使えるってことね。

    父 で、初めて使うパソコンだから更新プログラムが走りきるのにちょいとばかり時間が長めにかかる。

    娘 まだ8%しか完了してないんですけど……。

    父 あせるな、その時間を利用して取扱説明書を読んで、パソコン用語を覚えておきなさい。

    ●なぜかUSBでテンションがMAXになる娘氏

    娘 うーん、わかる単語がほとんどないよ。

    父 イッキに全部覚えなくても大丈夫。まずは流し読みしてみ。

    娘 電源ボタン、キーボード、スピーカー、タッチパッドはわかるとして……。

    父 ところで、キーボードは打てるの?

    娘 打てるよ! 小学校と中学校でパソコン授業があって、どこにどのキーがあるかくらいは知ってる。

    父 それは良かった。

    娘 ねえ、パソコン本体の横にいろんな形の穴が空いてるじゃない? USBってなに?

    父 マウスを刺したり、iPhoneの電源ケーブルを差して使うとこ。

    娘 あ! あの差し口ね、あとさ、メモリスティックを突っ込んでデータを移動させるのにも使わない?

    父 お、よく知ってるね、そうそう。

    娘 スパイ映画で主人公が敵のアジトに潜入して、パソコンにメモリスティックを刺して重要なデータを盗むシーンあるじゃない!? 仲間が「おい、奴が部屋に向かってくるぞ!」「わかってる!」「早くしろ!」「もうちょっとだ!!」「間に合わない! ガッデム!」(部屋のドアが開く)シュウィーンッ! って天井に逃げ込んで、「やれやれ、間一髪のところだったぜ……」ってなるあの穴だよね。

    父 そ、そうね……だいたいあってる。

    娘 USB、萌えるな~。

    ---

     とりあえずUSBでテンションが上がってくれてよかった(?)。

    ●更新プログラムに数回心を折れられる娘氏

    娘 あのさ、キーボードのココとココになんかついているんだけど、これってなんかおかしくない?

    父 えっ、なにそれ……ってこれはホームポジションのためのもの! 「F」と「J」のところについていて、タッチタイプで指だけでキーボード全体を把握するための印のようなものだ。

    娘 なんだ、不良品かと思ったよ……。

    父 んなわけあるか、メーカーに謝れ!

    娘 おっ、なんかタッチパッドを指でいじってたら、文字が大きくなったり小さくなったりするんだ、おもしろい!

    父 そ、そうか?(そんなことがおもしろいか?)

    娘 あっははは、たのし~、パソコンってこんなこともできるんだ~(グリグリ……)。

    父 (まあ、楽しんでくれることはいいことだ……)

    娘 ところで、更新プログラムが96%のとこまで来たよ! あともうちょい!

    父 そうだね。

    娘 98……99……ついにひゃくだーーーーやったぁーーーー。あれ? 終わったと思ったら、またゼロに戻って再開したよ!? 進捗2%……いったいなにが起きたの?

    父 更新プログラムが完全に反映されるには、複数回走らなくてはいけないときもあるのだ。

    娘 もういいっ、待ちきれないから晩ご飯食べてくる!

    ---

     結局、Windowsアップデートが終わった頃には陽もとっぷりと暮れておりました……娘のMPも尽き果てたので、そのまま電源オフとなりましたとさ。

    ●今回の「娘からも言わせて!」

    娘 パソコンを買ったのはいいけど、立ち上げていろいろダウンロードするのは時間かかりすぎて退屈すぎた……。説明書もカタカナと英語多すぎてワケわからんし、これはもう慣れてくのが一番手っ取り早いっしょ! って思っちゃうよね。まだ操作すらよくわかんないのに、キーボードを見ないで打てるなんて、夢があるというか、これはきっと初心者あるあるかも?

     使い始めてから毎日いじくってるけど、まだ慣れない。この状態を何とかするにはまずは基本知識から! 引き続き楽しみながら慣れてくぞーオオオオーー!!

    ===

    ●次回予告

     次回、娘氏、GoogleとFacebookを開始する! ログインできん! パスワードが思い出せん! なんでパソコンは空っぽなんだよぉ、もうちょっと気を利かせろよぉーの巻。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「はじめてのパソコン」を買った娘、さっそく「Windowsアップデート」の洗礼を受ける】の続きを読む


     第一生命保険が全国の児童(小学6年まで)を対象に行なったアンケート調査・第29回「大人になったらなりたいもの」が今月の5日に発表され、男の子の部門で15年ぶりに「学者・博士」が1位を獲得した(それまでは7年連続「サッカー選手」)。2014年来、立て続けに日本人がノーベル賞を受賞しているからなど、さまざまな理由がささやかれているが、ここにきてある“異説”が浮上している。特撮ヒーロー『仮面ライダー』(テレビ朝日系)の主人公の職業が子どもたちの憧れに影響しているというのだ。これまでの主人公と言えば、“無職”のイメージが強く、いわば“仮面ライダー”が職業だった。しかし近年は、ライダーたちが何だか“エリート化”しているという。過去の仮面ライダーの主人公たちの職業の変遷を見てみよう。

    【写真】意外なあの人も!? 仮面ライダーを彩ったイケメン俳優&注目美女たち

    ■決して偶然ではない!? ライダー主人公の職業が「なりたいもの」に即反映

     現在放送されている『仮面ライダービルド』の主人公・桐生戦兎は、平成仮面ライダー史上最高のIQを誇る天才物理学者。“変身”には動物や機械など、さまざまな物の力が封じ込められたアイテム「フルボトル」2本が用いられ、次々と完成していくフルボトルを「実験」と称して戦いの中で組み合わせながら、ビルドの姿(フォーム)を変えていくというもの。その変身シーンではいかにも難しそうな数式が並び、まさに“理系ライダー”のかっこよさを演出している。

     この『ビルド』の職業が、先のアンケート結果の「学者・博士」の1位にも少なからず影響しているのではないか? 前年2016年のアンケートではベスト5内に6年ぶりに「医者」がランクインしているが、これも『仮面ライダーエグゼイド』の主人公が研修医だったためとの説があるのだ。2014年の『仮面ライダードライブ』の主人公(竹内涼真主演)も、警視庁の特状課巡査から最終的には刑事ドラマでもおなじみの「捜査一課」に配属されてエースになるという、刑事としてはエリート中のエリート。そして、2014年、2015年の同アンケートでは「警察官・刑事」がともに第3位にランクインしている(2015年の『仮面ライダーゴースト』の主人公は“幽霊”だったため、アンケートへの影響の可能性は除外)。近年仮面ライダー主人公の職業はエリート化の兆候にあると言っていい。その職業が子どもの夢に影響を与える可能性は非常に高い。そこで、過去仮面ライダーの職業と、その背景を考えてみよう。


    ■正義の味方もツライよ…過去ライダーは多くが「無職」か「アルバイト」

     そもそも初代ライダーの本郷猛は、優秀な科学者にしてオートレーサーの大学生という“夢設定”だった。2号の一文字隼人はフリーカメラマン。とはいえ、仕事をしている場面はほとんどなく、見ている子どもからも「ショッカーや怪人を倒したら、お金もらえるの?」などとライダーの収入源を詮索されるようなこともなかった。2作目の『仮面ライダーV3』の風見志郎は本郷の大学の後輩という設定、続く『仮面ライダーX』は海洋科学者だったが、第4作目『仮面ライダーアマゾン』にいたっては上半身裸の「アマゾンで育った野生児」だ。その後はだいたいが大学生で、ときおり科学者設定があるくらい。1981~1987年は、仮面ライダー自体が放送されないという空白期もあるが、その時期に他局で放送されていたのが『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジテレビ系)の「仮面ノリダー」。本家のさまざまな設定への“突っ込み”をネタにしたパロディが大ウケしたのだった。

     昭和の時代が終わると、いわゆる「平成ライダーシリーズ」に入り、“イケメン”ライダーの登用やライダーの複数化がはじまるのだが、それでもやはり職業は“お堅い”ものではなかった。『仮面ライダー龍騎』の記者、『仮面ライダーW』の私立探偵という例もあるが、平成ライダーは、無職、アルバイト、家事手伝いの主人公が多く出現するのである。

     平成ライダー第1作の『仮面ライダークウガ』の主人公(オダギリジョー主演)は冒険家を名乗る喫茶店アルバイト、第2作の『仮面ライダーアギト』の主人公は心理学者の家に居候するという完全なニート(無職)だった。『仮面ライダーOOO(オーズ)』、『仮面ライダー鎧武』も無職寄りのフリーター、そのほか『仮面ライダーカブト』は親の莫大な遺産があり、無職ではあるが羨ましい設定だった。そのほかにも、クリーニング店のアルバイトの『仮面ライダー555』、変わったところで言うと『仮面ライダーウィザード』は魔法使いだが、職業としては無職。『仮面ライダーフォーゼ』は高校生なので当然収入はない。物語の中で仕事に就くパターンもあるのだが、主人公の職業が物語に大きく影響するようなことは少なかったといえる。


    ■不況ゆえに“職もちライダー”は親世代への印象も良好!? 

     一方、ネットでは歴代ライダーの年収ランキングを推測する記事もたびたび見受けられ、現状の最高年収主人公は、『仮面ライダーBLACK RX』のヘリコプター操縦士・南高太郎で、年収1000万超えと想像されている。そして2014年の『仮面ライダードライブ』では、いきなり公務員(警察官)として登場する。「職業=仮面ライダー」を謳い上げ、仮面ライダーとして活動することで給料を得るという設定なのである。さらに、2番手ライダーは激務による過労死におびえている…という描写まであった。『ドライブ』の警視庁巡査は、年収は低めだが将来性に期待できるし、何よりも公務員ということで“安定性”が大きな魅力である、現代的な設定ともいえる。ともかくこの『ドライブ』を機に、一気にライダーの職業は堅実化・エリート化していく。

     1971~1974年ぐらいに産まれたいわゆる団塊ジュニア世代は初期ライダー世代とも言える。就職時期にはバブル景気も終焉、“就職氷河期”を体験し、急激に公務員への人気が高まったのもこの世代だ。晩婚化も進む中、一緒に仮面ライダーを見る自分の子どもたちの将来を考えれば、仮面ライダーの職業も、まともで堅実な仕事であってほしいと思うのが親心だろう。今どき仮面ライダーだけでは食っていけないし、悪を倒した後はどうするのか? あくまでもライダーは“仮の姿”であるという設定のほうが、たしかにリアリティがある。さらにイケメン俳優の登竜門ともなれば、お母さんたちへのアプローチとしても有効。世の女性たちにしてみれば、無職よりも定職を持った甲斐性のある男性のほうがいいに決まっているだろうし、それがイケメンであれば完璧だ。「平成ライダーシリーズ」のシナリオはかなり緻密に計算され、戦略的な演出のもとに主人公の職業も設定されていると言えば、うがちすぎだろうか。


    ■さらなるエリート化で考えられる職業は…政治家や社長、スポーツ選手か

     こうした「あるときは地位も名もある社会人、あるときは悪を倒す正義の味方」的な設定は、ヒーローものでは古今東西の“王道”でもある。普段の姿は一大財閥の社長の『バットマン』や『アイアンマン』、新聞記者の『スーパーマン』など、その例をあげればキリがない。先述の『仮面ライダードライブ』は、警察官であり、仮面ライダー。少年の2大ヒーローが1つになった存在といってもいい。主人公が職業を持つことは子どもたちのワクワク感にもつながっているはずだ。では、近年の“エリート化”の流れで行くと、次のライダーの職業は何になるだろうか? 

     エリート化の“極致”で考えるなら、政治家、総理大臣もありそうだが、国会はバトルとの相性は悪そうだ。しかしながら若手の実力派政治家が「日本を変える」ではなく、「悪の組織を内部から変える」というのはなかなかロマンがある。堅実化路線なら現実世界ですでに子供たちのヒーローである消防署員や救急隊員は十分に考えられる。乗り物=ライダーとの親和性も高く、おもちゃもストーリーも作りやすいだろう。究極は自衛隊員か。武器も乗り物も豊富のうえ、『仮面ライダードライブ』の車モチーフがアリならば、ライダー専用戦闘機というのもありえそうだ。最近は自衛隊もマスコミに対し非常に協力的だし、「悪の組織から日本を守る」という設定もしっくりくる。これは意外と本命ではないか。

     また高収入である一流スポーツ選手ならば、サッカーなら映画『少林寺サッカー』ばりの必殺キックも考えられるし、近年のライダー複数化においてもチームプレーで悪を倒してくれそうだ。野球選手ならボール&バットは男児にもなじみ深いアイテムであり、劇中では“飛び道具”にもなりえる。人気のフィギュアスケートなら「必殺!トリプルアクセルキック」や「4回転キック」と、“回転”は必殺技である“ライダーキック”との相性もバッチリだ。そのほか今や大人気のYouTuberなら、ライダーをやりながらしっかりと自分の戦闘シーンの動画で稼ぐとか、デイトレーダーによる仮想通貨ライダー、IT社長ライダーも今どきの設定…かもしれない。そしてまさかの初女性主人公のキャリアウーマンライダーも!? そんな妄想を膨らませつつ、秋に交代となる次の仮面ライダーの“職業”にも注目してみたい。
    現在放送中の”理系ライダー”『仮面ライダービルド』主人公は天才物理学者という”エリート”設定


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【仮面ライダー主人公の職業がエリート化? 少年の憧れにも影響か】の続きを読む

    このページのトップヘ