日本時間の8月28日ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平ロッキーズ戦に4番・指名打者として出場した。15号ホームランを記録し、チームも10-7で勝利。これまで4番打者として出場した6試合では負けが続いていたが、7試合でようやく初勝利を飾った。

エンゼルスで新人が15号を記録したのはマイク・トラウト以来で、球団史上12人。今シーズンのア・リーグ新人では4位となる。また、すでに投手として4勝をあげており、同一シーズンでの15号ホームランと4勝を記録したのは、ベーブ・ルース以来の99年ぶり3人となった。

日本人メジャーリーガーの1年での15号ホームランは、歴代3位タイ城島健司の18本、松井秀喜の16本に近づいている。まだ1カ以上シーズンが残っているため、これらの記録を抜く性は充分あり、松井の半分程度の打席数で15本はスゴい、離脱期間のある大谷が15本で、レギュラー出場の松井が16本と考えると大谷は化物であると驚くが多数あがっている。

また、“2流”で投手との兼任やケガのため打席数も少ないことから、1本のホームランに必要な打数を示す「本塁打率」も15.1と非常に高い大谷2003年松井メジャー1年に16本を記録した際の打数は695打席。「ベースボールキング」の記事によると、もし仮に大谷松井と同じ打数に立った場合、年間で39本を打つハイペースだという。

この本塁打率について、ネット上ではこれまでの日本人打者と較して圧倒的であるとの称賛や、野手に専念すれば40本は打てるのではという期待、フル出場すれば疲労は溜まるだろうが、それでも30本は打てそうといった、様々ながあがっていた。

また、この日試合がおこなわれたのは、ホームのエンゼル・スタジアム・オブアナハイム。この球場センター後方には巨大な岩のオブジェがあり、選手がホームランを打つと噴花火が上がることで有名だ。

大谷の打球はこのオブジェがある場所に飛ぶことが多く、本拠地で放ったホームラン11本のうち、7本がここに消えたという。そのため、大谷の打球だけ引が働いているのではという疑問や、大谷ホームランボールを持っているファンはいないという新説、「大谷ゾーン」と名前を付けて観客を入れるのではという予想も見受けられた。

まだ24歳という若さにしてすでにスターの貫もある大谷。今後、どれだけ成績を伸ばすことができるのか、日本人だけでなく世界野球ファンが期待している。

飛鳥 進)

■関連リンク
大谷15発&4勝、ベーブルース以来99年ぶり快挙
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201808280000970.html
大谷翔平15号日本人歴代3位 松井秀喜氏にM1
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201808280000516.html
・“大谷ゾーンロックパイル 本拠11発中7本着弾 ホームランボール行方は…?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000087-spnannex-base
もしも大谷翔平が1年松井秀喜氏と同じ打席数だったら…
https://baseballking.jp/ns/column/164119
ロサンゼルス・エンゼルス公式サイト
http://m.mlb.com/player/660271/shohei-ohtani



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>